必的webTV ブログ

2012年11月29日

ロードショー

本棚を整理していたらこんなもんが出てきました。
もう廃刊になってしまったロードショーの1983年2月号。
表紙を飾るのはE.T.に出演したドリュー・バリモア。
チャーリーズエンジェルに出ていた、あの肉感的な金髪女性です。

DSC_1303.JPG

82年はロッキー3にドラゴンロードに少林寺にコイサンマン、
炎のランナーにポルターガイストにブレードランナーにトロン、
愛と性春の旅立ちにランボー、そしてE.T.と大作が目白押しでしてね。
当時絶大な人気を博したソフィ・マルソーのラ・ブームも82年でした。
個人的にはフィービー・ケイツが主演し、ジャクソン・ブラウンが主題歌を歌った、
初体験リッジモント・ハイが優勝だと思いますが、エロスが過ぎたからでしょう。
映画評論家の間ではケロケロパルサーみたいな扱いだったと記憶しております。

DSC_1306.JPG

ロードショーは洋画がメイン。
巻頭はテイタムオニールやフィービーケイツといった、人気女優のグラビア。
ついで撮影中も含め最新映画の紹介って感じでしたが、
ネタがないときなんかは、映画のチラシを掲載したりしてました。
基本邦画の扱いは小さく薬師丸ひろ子や良く締まるアソコのグラビアがたまに載るくらい。
ちなみに、この83年2月号における邦画の扱いはカラー1頁のみ。
野村義男主演の三等高校生、中村雅俊主演の次郎長青春編などが、
紹介されていますが、ぶっちゃけ、どっちも知らない映画です。

DSC_1305.JPG

でも、ロードショーで一番楽しみにしていたのは一色頁。
このあたりは私がイチ読者だった頃のパチスロ必勝ガイドと同じなんですが、
ガイドと違うのは文章メインでなく写真メインだという点。
ちょっとパリッパリなのは、もしかしてPartU、雨に濡れたせいでしょうか。

DSC_1302.JPG

なんかこんなこと書いてたらチャタレイ夫人の恋人、観たくなってきました。

posted by 塾長 at 01:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。