必的webTV ブログ

2012年12月26日

パンフレット基本400円也

中学生の頃は小遣いが少なかったんで大変でした。
レコードにカセットテープにロードショーにスクリーン。
FM STATIONにFMレコパルにGOROにスコラともう物欲の塊ですから、
主婦じゃないけど「毎月やりクリが大変なのよ」。そればっか言ってました。

映画も当日券を買うと高いので極力前売り券を買うようにしてました。
前売り券はポスターなど、なにかしらグッズが付くことが多かったんで、
費用対効果はかなり良かったように思います。
半券も「残しときたい」って思えるものが多かったし。
って、ひとつも残ってないんですけどね。

だからパンフレットひとつ買うのにも凄く悩むんです。
第一停止のナビが出ている状況での二択くらい悩むんです。
観た映画のパンフレットを全部買ってたらなんも買えなくなるわけですから。
だからパンフレットって意外と持っていないんですよね。

DSC_1364.JPG

フラッシュダンスとフットルースは定番ですね。サントラもヒットしました。
どちらも現ヒカリエ、渋谷東急文化会館で観たと記憶してますが、
もしかすると浅草六区のイカ臭い映画館で観たかも知れません。
ジェニファー・ビールスは「Lの世界」っていうレズビアンのドラマに出てましたね。
もう結構いい歳でしたが、相変わらずキレーでした。

あ、キレイで思い出したんですが、元スパイスガールズのGeri Halliwellが歌う、
It's rainingmenのPV、前半部分はフラッシュダンスのPVをモチーフにしてます。
彼女を知らないっていう残念な方は是非You Tubeで検索してみてください。
俺がこの世で一番好きな金髪女性です(このPV限定)。どーでもいい情報ですが。

DSC_1366.JPG

ストリートオブファイヤーはダイアン・レインもいいんですが、
やっぱり悪役で出てたウィリアム・デフォーでしょう。
フロッグオブシーガルズみたいな頭して鮎釣りで使う腰くらいまである長靴はいてます。
サントラ盤も大ヒットして、ダンハートマンのI CAN DREAM ABOUT YOUは、
シングルチャートでも結構いいところまで行ったように思います。
個人的にはTonight is what it means to be youngですけど。
スティンアライブは監督がスタローンで主演がトラボルタ。
設定1にも劣るゴミみたいな映画だったと記憶してますが、
スタローンの弟が歌った主題歌Far from overはそこそこヒットしましたね。

DSC_1365.JPG

ロッキー3が82年の夏で、マッドマックス2が81年の年末だったと思います。
ロッキー(羽田)はドラゴの前、モヒカンの黒人クラバー・ラングです。
ハルク・ホーガンも出てましたね。イチバーーンとは言ってなかったけど。
映画もヒットしたんですが、主題歌はそれ以上にヒットしました。
SurvivorのEye of the tigerはビルボードチャート6週連続第1位で、
グラミー賞の最優秀ロックパフォーマンス部門も受賞してます。
要はジュリーの勝手にしやがれみたいなもんだと思ってもらえば結構です。

マッドマックス2はメル・ギブソンの出世作。東銀座の東劇で観ました。
スロでお馴染みの北斗の拳はこの映画がモチーフといわれてますし、
アニマル(かつみ)&ホークのロードウォリアーズもそうですよね。
そういう意味では多方面に影響を与えた映画といえるでしょう。
いや〜、映画ってホンットいいもんですねえ〜。

あー、なんかこんなこと書いてたらシベリア超特急観たくなってきた。
posted by 塾長 at 01:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。