必的webTV ブログ

2013年03月14日

JOURNEY 

ツイッターで「ジャーニーのライブ、超よかった」と呟いたら、
どこかの誰かさんが「ジャニーさんですか?」と返してきました。
まさかあっちのジャニーさんが出てくるとは思ってもみなかったんですが、
恐らく返事をくれた方は今どきのオンリーザヤング。隔世の感を禁じえない塾長です。

さて、今回ご紹介するのはジャーニー。
といっても、「YOU、打っちゃいなよ」はジャニーであってジャーニーにあらず。
ここで言うジャーニーとは80年代に黄金期を迎えたアメリカンロックバンドです。
ただし、今回も思い切り読み手を選ぶ感じです。
なので、音楽よりスロという方はスロッターズジャーニーでも観てください。
それと基本、俺は広く浅くがモットーなのでバンドの歴史や歴代メンバーなど、
詳しいことはまったく分かりません。知りたい方は自分で勝手に調べてください。

DSC_1498.JPG

上が81年リリースのESCAPEで下が80年リリースのDEPARTURE。
俺が初めてベストヒットUSAを観た年の年間シングルチャート1位が、
確かESCAPEに収録されているOPEN ARMSだったと記憶してますが、
ベストヒットUSAはRADIO&RECORDSのチャートを紹介していたので、
ビルボードやキャッシュボックスのそれとはかなり異なります。
ちなみに、このOPEAN ARMSはマライア・キャリーもカヴァーしてますし、
少し前に日産エルグランドのテレビCMでも流れていました。名曲です。
あとは有名なところだとアメリカのテレビドラマ「グリー」で一躍脚光を浴びた、
DON'T STOP BELIEVIN'でしょうか。
こちらは2011年世界最多のダウンロード数を記録したようです。
個人的にはWHO'S CRYING NOWが一番好きですけど。

DEPARTUREはスッキリ!のオープニングと言ったほうが分かりやすいでしょうか。
「おはよーございまーす」の直前に流れるのがANY WAY YOU WANT ITという曲です。
リポーターの阿部さん同様、かなり好きです。

DSC_1499.JPG

上:83年FRONTIERS 下:84年STREET TALK
TBSのWBC関連番組でバンバン流れているので知っている方も多いことでしょう。
SEPARATE WAYSは83年にリリースされたFRONTIRESの最初のシングルカット。
先日の武道館ライブでは初っ端に演奏して毒嫁の恥丘くらい盛り上がりました。
このアルバムもシングルカットされた曲が多くFAITHFULLYは結構いいとこまで行きました。
無論、ここで言ういいとことは床屋の縁の下です。
下のSTREET TALKは当時のヴォーカル、スティーブ・ペリーのソロアルバム。
OH SHERRIEと浦賀に来たぞYAYAYAは結構売れました。
…って、すんません。浦賀に来たぞYAYAYAなんて曲はありません。
ペリー繋がりでちょっと言ってみたかっただけです。

DSC_1501.JPG

DSC_1502.JPG

黄金期を支えたスティーブペリーと現在のヴォーカル、アーネルピネダ。
ギターのニール・ショーンがYouTubeでジャーニーの曲を歌う、
無名のフィリピン人シンガー、アーナル、もといアーネルを偶然見つけ、
ジャーニーのヴォーカルに迎え入れた話はチョー有名。
ヒムロックの奥さんが上野の丸井で働いていた話より有名です。
以前はスティーブ・ペリーのいないジャーニーなんて、
デイヴリーロスのいないヴァンへイレンみたいな…って、分かり難いですね。
カエルの姿がどこにもないニューパルみたいなもんだと思ってましたが、
もう慣れたんでしょうか。まったく違和感ありません。
というか、むしろアーネル・ピネダがいいと思うようになりました。

DSC_1500.JPG

上にあるアルバムはアーネル・ピネダが歌うジャーニーのベスト。
下にあるアルバムはスティーブ・ペリー来航が歌うジャーニーのベスト。
聴き比べてみるのも面白いかもしれませんね。

ではまた…ジャーニー。




posted by 塾長 at 01:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。